MENU
車両について 車両について


沿線に広がる「どこか懐かしい風景」や「人々のやさしさ」。
能登のありのままを感じていただける、
そんな観光列車を目指しました。




濃紺の外観は日本海の深い青を表現し、
能登の黒瓦のように美しく輝く鏡面仕上げとしました





車内には能登に息づく工芸品を配置し、
ギャラリースペースも設けました。
お席は、目の前に広がる穏やかな七尾湾を望む座席と
グループでのご乗車を楽しめるボックス席をご用意。
変わりゆく車窓風景や匠の技をゆっくりとご堪能ください。



車両紹介

〈里山車両(NT301)〉


■車内シートはオレンジ色を基調 ■サービスカウンターあり(お土産品、のと鉄道グッズ、飲料、お酒など販売)
■飲食付きプランご提供車両(※満席時や団体様ご利用などの際は異なる場合もございます)


海向き席  9AB/10ABCDEF(飲食プランAF不使用)/11AB/12ABCD
ボックス席  3ABCD/4ABCD/5ABCD/6ABCD/7ABCD/8ABCD
予備席(窓なし)  1AB/2AB



〈里海車両(NT302)〉


■車内シートは青色を基調 ■トイレあり

海向き席  9AB/10ABCDEF(飲食プランAF不使用)/11AB/12ABCD
ボックス席  3ABCD/4ABCD/5ABCD/6ABCD/7ABCD/8ABCD

予備席(窓なし)  1AB/2AB